Author: addminz | Date: 2015年3月17日 | Please Comment!

心斎橋にもあるルイ・ヴィトンのブランド買取店ですが、その買い取りの値段は他の地域を圧倒するほどに高いのをご存知でしたか。

それは大阪の人々がルイ・ヴィトンをこよなく愛する人々だからです。

そんなルイ・ヴィトンですが、その黎明期はスーツケース専門の小さなお店だったようです。

そのスーツケースは布張りの美しいデザインだったことで有名になり、真似る業者が巷に溢れかえったそうですが、その度に新しい手法を織り交ぜて商品を発展させていったのです。

そんなルイ・ヴィトンでしたから、他のお店が真似できない高みに上り詰めて行きました。

こうして美しいデザインのバッグを購入する事が出来る訳ですが、心斎橋のブランド買取のお店はそのルイ・ヴィトンをさらに安く購入できるというわけです。

そういえば、これらのブランド品というのは歴史が古いのが多いと感じました。

考えてみればブランド品の価値を高めているのは堅実な仕事とそれを継承してきた歴史が商品の価値となっている気がします。

私達も同様に堅実な仕事を繰り返し行うことで深みのある人間へと成長してるわけです。

私なども何故毎日毎日おんなじ事の繰り返しなのかと自問自答を繰り返しておりました。

そんな暮らしの中ふと妻のヴィトンの財布に目を落とすと、確かに重みのある重厚な歴史を感じる事ができました。

歴史のあるモノグラムですが、そういえば母親が持っていたヴィトンの財布から妻のヴィトン財布も形が変わってないという事も歴史を感じました。

しかして柄は違いました。

ある日、心斎橋に買い物にでかけた私は、心斎橋のブランド買取のお店などを覗いて見ることにしました。

すると不思議なことに気がついたのです。

ブランド買取の店のショーケースに近づき、ヴィトンのバッグ等を観察すると、すべてネジで止まってる事がわかったのです。

まあ小さなビスといってもいいでしょう。

ヴィトンのバッグが驚くほど頑丈なのはトランクの技術の応用だったのかと感心したわけです。

心斎橋のエビス橋商店街では今日もブランド品が大量に売れては買い取られていっており、近ごろでは全国からネットオークションを通じて店に様々なブランド品が並んでおります。